犬・ブリーダー探し応援隊!

犬・ブリーダー探し応援隊!
犬のブリーダー探しを応援します!犬を初めて飼う人でも、安心して信頼できるブリーダーを見つけられるように、いいブリーダーと子犬を選ぶ方法などを紹介!良質なブリーダーと犬を飼いたい方を結ぶ、そんなブログです。
スポンサードリンク


コーギー

コーギーの子犬:ブリーダーに確認しよう!5

ブリーダーから購入する場合は、生年月日などは出産情報などは特に問題ないとは思います。

コーギーは、股関節形成不全など遺伝的な病気に注意が必要です。ブリーダーも繁殖の際は注意していると思いますが、子犬が成長してみないとわからないこともあります。

ですので、なりやすい病気についての注意点は必ず聞くようにしましょう。

子犬の病歴とワクチンの接種状況、親犬と子犬の兄弟姉妹たちに、遺伝性の病気や先天的な病気が発生していないか、関節や骨格に異常はないか、確認します。


コーギーのしつけ:犬・ブリーダー探し応援隊!5

コーギーしつけやすいといわれていますが、かみ癖や吠えるなど気になる性格もあるので、しつけは大事。物覚えが良いので、悪い癖が身につかないようにします。

競技会でも入賞することもできるほど、運動や訓練に向いています。ちなみに、『ペット動物販売業者用説明マニュアル』の犬種別特性一覧によると、訓練性は低中高の3段階で「高」です。

しつけやすいといっても、しつけをするのは飼い主自身なのを忘れずに。プロのしつけを学ぶ(プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら )などしておくと、後でいろんな方法をあれこれ試したり、しつけで悩まずに済みます。

コーギーについてもっと知りたい方はこちら

*飼い主としての義務、禁止事項について、犬全般に当てはまる部分は、ここでは省略しています。


コーギーの飼い方5

コーギーの飼い方は、こちらを参考にしてもいいですが、多くのコーギーを見ているブリーダーにも確認しましょう。

コーギーは、食いしん坊なところがあり、肥満に注意が必要です。また、あの体型は、腰や背骨、首に負担がかかりやすいので肥満には注意した飼い方が必要です。

遊ぶのが好きですから、肥満防止の為にも散歩のほかに、外で遊んであげてください。

抜け毛が多いので、ブラッシングなどのお手入れが必要です。脚が短く地面に近いので、おなかまわりが汚れやすく、ノミやダニにも気をつけてあげましょう。

*犬全般に当てはまる部分は、ここでは省略しています。

主な人と動物の共通感染症などの予防対策や注意することについてはこちら


コーギーについての情報:ブリーダー探しの前に5

コーギーについてブリーダーからも説明はあると思いますが、どんな犬か知っておきましょう。

品種等の名称
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

コーギーの毛色は、レッド(フォーン)、セーブル、トライの3つ。

セーブルは、パッと見はレッドのようですが、黄褐色に、黒毛が混じっていて(頭に多い)、黒は目立たない。トライは、2種類あって、黒、黄褐色、白の3色が入った毛色のブラック・タンと、頭の毛も黒い、ブラックヘッドがいる。

多いのは、多分セーブル(トライもいいんだけどなぁ・・・)。毛色などは好みがあると思いますので、しっかり確認して選びましょう。

コーギーの毛は、ダブルコートと呼ばれる二重被毛で、綿毛がある。ダブルコートの犬は抜け毛が多いです。


コーギーの性格や特徴

コーギーの性格は、明るくて活動的、大胆、警戒心に富む、飼い主に従順です。好奇心旺盛で遊ぶのが好きなので、犬と一緒に遊びたい方にはピッタリ。他の犬や人とも仲良くできます。

コーギーの見た目は、胴長で短脚、耳がやや大きく立っている、そしてシッポがない、あるいはごく短い。最近は動物愛護の精神から尻尾のあるコーギーも増えてきていますが、この短い尻尾をモコモコと振るのがまたかわいい。

見た目以上に運動能力と体力があるので、散歩は欠かせません。また、牧畜犬として牛や羊を吠えたり、かかとをかむなどして、追っていた名残から、かみ癖(あま咬み)があり吠えやすいといわれています。子犬の時にしつけるので大丈夫。

かみ癖と聞くと、怖いと思うかもしれませんが、襲いかかるような攻撃的な犬ではありませんので安心を。むしろ社交的です。


成犬時の標準体重、標準体高

環境省の『ペット動物販売業者用説明マニュアル』の犬種別特性一覧によると、
コーギーは、成犬時の体重が8〜14kg、体高は23〜35cmです。たぶん14kgのコーギーはめったにいないです。10堊宛紊標準と見たほうがいいかな。

平均寿命、飼養期間について

コーギーの寿命は、12〜14年といわれていますが、個体差があります。10年以上は飼うことになります。

コーギーについてもっと知りたい方はこちら