犬・ブリーダー探し応援隊!

犬・ブリーダー探し応援隊!
犬のブリーダー探しを応援します!犬を初めて飼う人でも、安心して信頼できるブリーダーを見つけられるように、いいブリーダーと子犬を選ぶ方法などを紹介!良質なブリーダーと犬を飼いたい方を結ぶ、そんなブログです。
スポンサードリンク


柴犬

柴犬の子犬:ブリーダーに確認しよう!5

ブリーダーから購入する場合は、生年月日などは出産情報などですでに表示していることがほとんどなので、特に問題ないとは思います。

子犬自身の性格や体型など兄弟姉妹での違いは、ブリーダーだけが知っていることなので、聞いてみましょう。

柴犬は遺伝や先天性の病気がほとんどないと言われていますが、子犬の病歴とワクチンの接種状況は確認しておきましょう。


柴犬のしつけ:ブリーダーに確認しよう!5

警戒心が強く、他人にはなかなかなつきにくいところがあるので、しつけは重要です。

警戒心が強く、それが攻撃につながり、人や他の犬を噛んだりすることもあります。他人とは距離をおく、のも良さかもしれませんが、近所の人に嫌われては先が思いやられます。

飼い主としてルールをしっかり教える必要があります。

ブリーダーにいくらアドバイスをもらっても、しつけをするのは飼い主自身なのを忘れずに。

プロのしつけを学ぶなどしておくと、後でいろんな方法をあれこれ試したり、しつけで悩まずに済みますよ。プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら


柴犬の飼い方:ブリーダーに確認しよう!5

柴犬は、日本に古くからいる犬なので、気候になじみ、柴犬だからかかりやすいという病気は特にないので、飼いやすいといわれています。無駄吠えも少なく、トイレのしつけもしやすい犬です。

ですが、子犬の時の育て方や飼い方が性格に影響するといわれるので、ブリーダーに気をつける点などをよく聞いたほうがいいでしょう。

最近は室内で犬を飼うことが多いと思いますが、柴犬の場合、それでも室内飼いか?それとも外飼いか?で飼い主によって分かれるところです。どちらを選ぶにしても、それぞれの飼い方についてブリーダーに相談してみましょう。

日本各地の山岳地方で、猟犬として活躍していたので、毎日の散歩など運動が必要です。

柴犬の飼い方についてはこちらが参考になります。

*犬全般に当てはまる部分は、ここでは省略しています。主な人と動物の共通感染症などの予防対策や注意することについてはこちら


柴犬についての情報:ブリーダー探しの前に5

ブリーダーからの説明を待つまでもなく、どんな犬かは知っておきましょう。

品種等の名称

柴犬(しばいぬ)。日本の犬です。最近は海外でも人気があります。柴犬は昭和12年に国の天然記念物に指定されています。

柴犬の毛は短く、ダブルコートと呼ばれる二重の毛です。直毛で硬い毛の表毛(トップコート)と綿状のやわらかい毛に覆われています。

毛色は、赤、黒、白、胡麻(ごま)があります。胡麻という表現はまさに日本の犬という感じがしますね。

柴犬の性格と特徴

柴犬の性格は、血統で共通した性格はあまりないといわれていますが、日本犬の基本的な性格である、飼い主に従順で忠実、警戒心が強く勇敢、素朴ながらも気品と威厳がある、という性格を持っています。

他の犬種にもいえますが、育て方や飼い方が性格に影響するといわれる。

飼い主には従順ですが、他の人には距離をおく。無駄吠えも少ないと言われています。動きが素早くきびきびしている。

昔から日本人と暮らしてきたので、日本の気候に合っている。

柴犬の外見的な特徴は、何と言っても素朴さ。そして、クルっと巻き上がった尻尾。また、体の裏側にあたる部分が淡く白っぽい(裏白という)のも、特徴とされています。

成犬時の標準体重、標準体高

環境省の『ペット動物販売業者用説明マニュアル』の犬種別特性一覧によると、
柴犬は、成犬時の体重が6〜10kg、体高が35〜42cmです。

平均寿命、飼養期間

柴犬の平均寿命は、12〜13年と言われていますが、個体差があります。