犬・ブリーダー探し応援隊!

犬・ブリーダー探し応援隊!
犬のブリーダー探しを応援します!犬を初めて飼う人でも、安心して信頼できるブリーダーを見つけられるように、いいブリーダーと子犬を選ぶ方法などを紹介!良質なブリーダーと犬を飼いたい方を結ぶ、そんなブログです。
スポンサードリンク


チワワ

チワワの子犬:ブリーダーに確認しよう!5

ブリーダーから購入する場合は、生年月日などは出産情報などですでに表示していることがほとんどなので、特に問題ないとは思います。

子犬の性格や体型について、兄弟姉妹でも違いがあるので、ブリーダーに聞いてみましょう。

子犬の病歴とワクチンの接種状況、親犬と子犬の兄弟姉妹たちに、遺伝性の病気が発生していないかどうかは確認します。


チワワのしつけ:ブリーダーに確認しよう!5

しつけは、飼い主と生活するためのルールです。

チワワは、小さく可愛いので、つい甘やかしてしまいがち。どんなに小さくても犬です、チワワにもしつけは必要です。

よく吠えるとも言われていますし、飼い主以外にはなつきにくいところもあるので、子犬の頃からしっかりとしつけをします。

ブリーダーにいくらアドバイスをもらっても、しつけをするのは飼い主自身なのを忘れずに。プロのしつけを学ぶ(プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら )などしておくと、後でいろんな方法をあれこれ試したり、しつけで悩まずに済みます。

飼い主としての義務、禁止事項について、犬全般に当てはまる部分は、ここでは省略しています。


チワワの飼い方:ブリーダーに確認しよう!5

チワワの飼い方は、実際に飼育・繁殖しているブリーダーによく聞くのが一番です。犬全般に当てはまること以外に、チワワだから気をつけてあげることがあります。

チワワは、超小型なので、温度には特に注意した飼い方をする必要があります。暑さ・寒さには弱く、冬場のシャンプーや夏場の閉めきった室内は要注意。留守中でもエアコンなどで温度管理が必要。

室内で放し飼いにしていれば、特別な運動はしなくても大丈夫。

それと、チワワがかかりやすい病気を必ず聞いておきましょう。特に、チワワは、頭が特殊な形なので、水頭症については、誤診する獣医もいるようなので、説明されなくても必ず聞きましょう。

*犬全般に当てはまる部分は、ここでは省略しています。主な人と動物の共通感染症などの予防対策や注意することについてはこちら


チワワについての情報:ブリーダー探しの前に!5

チワワについてブリーダーが説明すべきことですが、どんな犬かは知っておきましょう。

品種等の名称
チワワ。これは、そのまま。チワワには、短い毛のスムースと、長い毛のロングと呼ばれる2タイプがいます。

毛色には、短毛・長毛ともに、フォーン、ブルー、チョコレート、黒、ブラック・タン、レッドなどがあります。

毛色などは好みがあると思いますので、しっかり確認して選びましょう。

チワワの性格や特徴
ここは、飼う前に知っておかないとダメ。小さくて可愛い外見だけで判断して後悔しないようにしましょう。

チワワの性格は、機敏で活発です。身軽さは見た目どおりですが、縄張り意識が強く、ちょっと社交的とは言えない。でも飼い主には忠実で、ご主人様が大好きです。体は小さいですが、少し強気でよく吠えると言われています。

もちろん中にはこういうのに当てはまらない子もいます。

チワワの見た目の特徴としては、超小さいのは見て明らかですが、特徴があるのはアップルドームとかアップルヘッドと呼ばれる頭にあります。

リンゴのような丸みがあるドーム型で、頭の骨に指先くらいの隙間があります(触ってわかる)。特殊なので、病気と合わせてここは必ずブリーダーから説明を受けます。

他には、CMでおなじみのあのパッチリした目です。

成犬時の標準体重、標準体高
環境省の『ペット動物販売業者用説明マニュアル』の犬種別特性一覧によると、
チワワは、成犬時の体重は1〜3kg、体高は、16〜23cmです。

平均寿命、飼養期間について
チワワの寿命は、12〜14年といわれていますが、個体差があります。10年以上は飼うことになります。