犬・ブリーダー探し応援隊!

犬・ブリーダー探し応援隊!
犬のブリーダー探しを応援します!犬を初めて飼う人でも、安心して信頼できるブリーダーを見つけられるように、いいブリーダーと子犬を選ぶ方法などを紹介!良質なブリーダーと犬を飼いたい方を結ぶ、そんなブログです。
スポンサードリンク


子犬の成長

たった10分!愛犬のしつけの悩みが解消!0

をまだ飼っていない方は、しつけなんて考えていないと思いますが、犬を飼いたいと思っているなら、知っておいた方がいいかも。

飼い主なら、誰でもしつけで悩んだ経験がありますよね。あきらめちゃった方もいるかもしれませんが、しつけはつきもの。

無駄吠えなんかは、上手くいかずに大声で「うるさい!!」なんて叫んでませんか?その声の方がうるさかったりして・・・

しつけ教室や本などで勉強しても、上手くいかないこともありますよね。同じわんこなのに、どうして?何が違うの?「コイツ、人を見てるのか?」なんて思いたくなります。

そんな疑問に答えてくれるのが、プロが教える極秘愛犬しつけ術です。

プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら

たった10分でしつけの悩みが解消できます!

訓練士とあなたの何が違うのか?プロのしつけの秘密がわかりますよ。何でもコレ、しつけでプロが食べていくための秘密だそうです。

そりゃそうですよね、本にあるような方法ですぐ解決できたら訓練士なんて仕事になりません。

あと、10分と言いましたが、正確には、毎日10分です。

たった10分ですが、飼い主も毎日の習慣にする努力は必要です。一緒に暮らすワンコです、飼い主の習慣がしつけに影響を与えているのは間違いないですよ。

どこが問題なのか、それがわかるので、飼い主の方は謙虚に受け止める覚悟が必要かも。

プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら

正直、これさえあれば、高いグッズなんかいりません。それに、子犬から成犬まで、一生使えますよ。

 


子犬の引渡し前に駆虫ってするものなの?0

ブリーダーさんのホームページを見ていると、ワクチン接種のほかに、『駆虫してから』引渡しとあることがあります。

えっ!虫がわいているの?大丈夫なの?と心配になるかもしれませんが、子犬のほとんどは、生まれつき回虫をもっています。

子犬は早ければ、生後3週から何回か駆虫をするものです。

むしろ、全くしていない方が心配です。

子犬をいつ駆虫したか、知っておいたほうがいいので、ブリーダーさんに確認してみましょう。

それと、子犬がブリーダーの元で何度か駆虫をされていても、すべてを駆虫することはできません(できる薬もあるでしょうが、そんなに強い薬を使うのはかえって良くない)。

子犬を迎えたら、最初に獣医さんにかかる時に便を持っていって検査してもらうほうが無難ですよ。放置しておくのが一番危険です。

回虫がいることはそんなに珍しくないので、見つかってもあわてないでくださいね。

 


子犬の成長から見た、最適な引渡し時期は?:犬・ブリーダー探し応援隊!5

子犬の成長から見た、最適な引渡し時期は、早くても生後8週(生後60日ごろ)です。

子犬は、生後3週の終わり頃から4週頃に子犬用のドッグフードをお湯でふやかした離乳食を少しずつ食べるようになります。まだ、離乳はしていない状態で、母犬が必要な時期です。

生後6週頃には、甘えん坊の子もいますが、完全に離乳食だけになります。子犬は乳離れし、母犬から独立して生活することもできます。

そのため、この生後6週頃(生後42日)でも引渡しは可能です。ペットショップのように店頭に並ぶ子犬は、この時期に親元を離されます。

ですが、母犬や兄弟達とあと2週間くらいは一緒に過ごしながら、犬社会のルールを学習して、犬同士での社会性を身に付ける大切な時期でもあります。子犬の社会化期と呼ばれる時期です。

犬社会のルールを学ばないと、他の犬と仲良くできない、ケンカをしかけるなど、問題行動を起こしやすくなります。

子犬の成長から見た、最適な引渡し時期は、早くても生後8週(生後60日ごろ)です。

ブリーダーによっては、引渡しまでの間にトイレのしつけをしてくれているところもあります。

早く欲しいかもしれませんが、親元でじっくり成長するのを楽しみに待ったほうがいいです。


子犬の社会化期ってなんだ?:犬・ブリーダー探し応援隊!5

子犬の社会化期は、簡単に言ってしまうと、子犬が人や犬と仲良く付き合っていけるために学習する時期のことです。

生後約3週〜12週までのことをいいます。子犬のメンタル面での成長に特に重要な時期といわれています。

社会化期の間に子犬がやってくるのですが、それを知らない方も多いです。

この時期は、まず母犬とブリーダーの愛情が十分に注がれ、また兄弟とじゃれたり、犬舎見学に来る人や他の犬などの刺激に触れた後、ブリーダーから飼い主のもとへやってきます(生後8週以降)。

その後、あなたのもとで十分愛情を注いであげます。また、家の近所や、車などいろいろな刺激に慣れさせてあげます。

社会化期にこのように育てると、しつけやすい犬になり、問題行動の予防にもつながるといわれています。

子犬にとっても飼い主にとっても、ブリーダーから子犬を譲ってもらうほうが、店頭販売よりもメリットは多いです。